免疫力を高める臓器はこれだ! 自然療法ホメオパシー

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

連日新型コロナウィルスの感染者が増える中、免疫を高める方法を探している方多くいらっしゃると思います。

光山ひさと
光山ひさと
今日は胸腺と免疫の関係についてお話したいと思います。

 

 

目 次

挨拶から循環するエネルギー

インドのあいさつナマステを知っていますか?
コロナウィルス感染拡大が騒がれ始めたころ

 

私のパートナ
RFHRejoice Health FoundationグローバルヘッドDr.Navalより、ナマステ本当の意味について学び、
動画を作成して、日本人に伝えへ、
多くの日本人の健康を守るよう
指示を受け動画を作りました。

 

チャクラの活性がポイント!

ナマステをするとき、
胸の前で手を合わせ
相手の健康を願い
そのエネルギーを相手と自分で循環する

そうして作られたエネルギーの輪は
第四チャクラを活性化します。
コロナウィルスホメオパシー

第四チャクラのある場所に
免疫の臓器、胸腺が存在します。

 

ホメオパシーのレメディーで言うと
Thym-gl(サイマスグランド)です。

 

胸腺は非常に重要な内分泌系の一部であり、
免疫に深く関係しています。

 

幼少期から7歳にかけて大きく成長し、
思春期まで発達を続けた後は、
徐々に萎縮していく臓器です。
 

気が滞る原因は!

胸腺が健康な状態にあれば免疫が円滑に働くことができ
委縮傾向にあるときには自己免疫が円滑に働かない状態になります。

 

胸腺の健康には感情が密接にかかわっていて、
特に幼少期の深いトラウマが関係しています。

 

わたしの尊敬するユブラジシャーマ先生によると
胸腺は、新生児や発育中の子供に、
「両親からの熱(愛)の力を流入させるセンター」であるとのことです。

 

写真はロンドンで行われたホメオパシーカンファレンスでの写真

幼少期の家庭環境は
人間の免疫機能に深くかかわっているんですね。

人格が増えてしまうことも

胸腺委縮により出現する可能性の高い精神疾患

 

二重人格、多動性障害、攻撃性、癇癪(かんしゃく)、 自分を強く主張できない、善悪の判断の欠如  、強迫観念症候群、不安障害、パニックアタック、依存症 、心的外傷後ストレス障害、統合失調症etc…

幼少期、特に7歳までの間の家庭環境に、
十分な愛(ぬくもり)を感じることの出来ない環境で育った子供は、
胸腺の発育不全が起きていることがあります。

 

幼児虐待などで亡くなった子供の胸腺の大きさをニュースで公表されることがあります。

 

まだ記憶に新しい悲しい事件でしたが、
結愛(ゆあ)ちゃん(5歳)の遺体を司法解剖した結果、
免疫に関わる「胸腺」の重さは同年代平均の5分の1程度だったと報じられました。

 

 

杏林大医学部の佐藤喜宣名誉教授(法医学)によると、長期間、継続的に虐待を受けた子どもにみられる傾向だということです。

委縮してしまった胸腺を柔らかくフワフワに


実は私は非常に体の弱い子どもでした。
ほぼ毎月発熱性の風邪をひいていました。

 

大人になり、ホメオパシーに出会うまで、
かなりの頻度で風邪を引いていました。

 

現代医学では
発達適齢期までに成熟させられなかった胸腺を
ふっくらとさせることは不可能だと考えられています。

 

私は実際胸腺の大きさを測った事はありませんが、
免疫力がついた今、その効果を感じています。

胸腺は悪い記憶とむずびついていることがあり
そうしたトラウマを解放することで、本来の体の機能を取り戻すことが経験的に知られています。

 

ホメオパシーでは体心魂の病を治療する事ができます。

 

抱えてるたくさんのトラウマを癒し、
体を健康に保つために必要な臓器の働きを活性化することができる。

 

自ずと今世の目的を諦めかけていた魂が
光輝きだすのです。

 

あなたが成し得たかった望みを
諦めたり、止めるのは自分です。

 

沢山の悲しい出来事のために
ちょっとだけ自信が無くなってしまったのです。

 

体が健康になれば
エネルギーと勇気がわいてきます。

 

あなたの大切な思いを
私と一緒に具現化してみませんか?

 

※以前書いた胸腺についての記事
バレンタインデーのお悩みについて書きました。
こちらも合わせてお読みいただけると嬉しいです。

ハートを柔らかくして魅力をあふれさせる必殺技
さいたまホメオパシー

 

お知らせ
緊急告知
コロナウィルス予防対策講座
第一期・第二期
特別価格にてご案内中!   

 

ゆめみる宝石お問合せ

 

 

Trinityは自然療法のクリニックです。

ホメオパシー療法を中心に、ハーブ療法、カウンセリングなどを通して、
私たちの内に宿る「自己治癒力」を触発し、調和と健康回復を願う自然療法クリニックです。

古来より伝わる『病気』という漢字は、
目に見えない「気が病む」事が不調や肉体的な病気の源流である事を伝えています。

日々の食生活や医療、環境からケミカルな物質が肉体に過剰に入り込み蓄積した場合に気は病みますが、
それ以上に、その人の「信念」や「抑圧した感情」など生き様が病気に強く関係している場合があります。

カラダの表に現れる「症状」は、カラダからのメッセージととらえる事ができます。
「症状」の背後にある「気が病む」考え方、感じ方、抑圧した感情や願望に意識を向ける事で、
気づきが得られ、生き方にまで影響します。

そうしたものをすべて取り除き
本来のあなたへと戻っていく。

体・心・魂の健康になるプロセスで
魂の覚醒が起こります。

本来今世でやりたかったこと
成し遂げたかったことをスタートすることができるのです。

あなたの本当の人生を
スタートさせてみませんか?

 

 


☆毎日の応援メッセージ
☆Facebookライブ
☆秘密のお茶会
☆会員様限定 急性症状に対する ホメオパシーレメディー無料相談
☆会員様限定特別価格 ホメオパシープチ相談
…etc   お得な情報盛りだくさんアップ
申請お待ちしております

 

YouTube

 


よかったらチャンネル登録よろしくお願いします。

 

フォローお待ちしています

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと
さいたま市のホメオパシー療法家。 植物、動物、ミネラルの力を借りて自己治癒力を呼び覚ます。 ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。 体心魂の歪みから生じるあなたの体調不良の原因を一緒に探り解決します。 3児の母 今世は愛を学ぶためにこの世に生まれました。 お問合せはFacebookのメッセンジャーからもどうぞ!
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと

最新記事 by 薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと (全て見る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください