繰り返すカンジダ膣炎を自然療法ホメオパシーで再発しにくくするお勧めの方法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

性器カンジダ症は、カンジダ属という真菌によっておこる感染症です。

腟炎と外陰炎が同時に起きることが多いですね。

 

酒かすやヨーグルト状の白いおりものや
尿が漏れているかのような水っぽいおりものが多量に分泌されたりして
外陰部の腫れやかゆみなどの症状が出ます。

 

この外陰部の腫れや痒みが出た場合に病院では外陰部カンジタ症と診断されます。

 

カンジダの原因と、どんな時に症状が出やすいのか?

外陰部カンジタ症の症状は
体調不良や疲れのために免疫力が落ちた時や、
抗生物質をのんだ後、
または妊娠中、
糖尿病の方も出やすいと言われています。

 

高温多湿の時期や、
また寒くなり下半身に下着や履物が増えると、
陰部が群れ発症しやすいようです。

 

ストレスが強いとカンジダ膣炎になりやすい?

ストレスにも色々な種類がありますが、
季節の変わり目などは、寒暖差によって体に大きなストレスがかかります。

 

また職場で能力以上の仕事が求められ、
仕事をこなすのに四苦八苦していたり、

 

人間関係がうまくいっていない事によるストレスなども代表的です。

 

ストレスを多く感じると免疫が落ちるといわれていますが、
感じるストレスによって消費する体内のミネラルがバランスを崩すということも理由に挙げられるとます。

 

 

光山ひさと
光山ひさと
今日は対人関係でトラブルを抱え
ストレスが高くなってしまったことを例に
カンジタ膣炎に良いレメディーの解説をしたいと思います。

対人関係のストレスと言っても様々です。

 

怒りを感じている人
悲しみを感じている人
憎しみを感じている人
虚しさを感じている人

 

何となく気を使っているけど
強い感情を感じている自覚のない人もいます。

 

特にストレスと言うのは慣れてしまうことがあります。
いつも頭で考えていることは、問題だと認識することができないんです。

 

 

光山ひさと
光山ひさと
クライアント様の了解を得ましたので
分かりやすい例として、彼女の体験談をお話したいと思います。

 

 

40歳 女性 カンジタ膣炎のお悩みで
カウンセリングにいらっしゃいました。

 

 

膣に強いかゆみがあり、
数か月前から水っぽいおりものが多量に出てくるようになり、
便秘がちで、時々排便時に大きな便でもないのに肛門が裂けるような痛みがあるとの事でした。

 

 

瞑想をしたりホメオパシーセルフケアを自分でしているので
特に人間関係にストレスはないとおっしゃっていました。

 

 

カンジタと水っぽいおりもの、排便時の痛みと聞いて
カンジタに良い「二タック」と言うレメディーが合うのではないかと考えました。

 

ホメオパシー的謎解きの始まり⁉

体の症状、心の状態両方の情報から
ホメオパシーでは最適な薬となるレメディーを導き出します。

彼女は特に人間関係にはストレスがないと言っていました。
「二タック」が彼女に合うレメディーなら何らかの人間関係の強いストレスがあったはず…

 

そこで質問を変えて、
ここ数カ月の間に彼女に起こった出来事を聞く事にしました。

 

 

すると5ヶ月くらい前に
心を許して色々な事を打ち明けた友人に裏切られたことを教えてくれました。

 

 

友人はあっさりと
「また友達になって間もないし、私は私のしたいことを優先したの」
そのように言ったそうです。

 

信じていたのに
裏切られた…

 

その日以来彼女の脳裏に
友人に裏切られた瞬間がフラッシュバックして彼女を苦しめました。

 

人を憎んではいけないと思っている彼女は
裏切った友人を恨んではいけないと必死に自分自身の感情をコントロールしようとしていました。

 

落としどころのないモヤモヤした感情がいつの間にか恨みに変化をし
彼女の体を蝕(むしば)んでいったのです。

 

彼女には
生殖器に関係のある臓器、
腎臓のサポートをして

二タック、サイコーシス、カンジタのノゾースレメディーを処方しました。

レメディーを摂取後、
カンジダ膣炎の症状が治癒するとともに、
脳裏にあった友人に裏切られた瞬間のフラッシュバックも消えました。
そして便秘も改善され排便時の痛みもなくなったそうです。

 

このケースでは極めて簡潔に
カンジタ膣炎を治癒に導いたケースです。
裏切られたことをきっかけに、身体が恨みの感情に囚われて病気になっていったのです。

カウンセリングの重要性

自分でも自覚できない、心の奥深くに眠っている未解決な感情は第三者の優しい声かけによって導き出されることがよくあります。

 

 

時間が解決することもありますが、
裏切られたり、理不尽なめにあったり、
傷ついた感情はそう簡単には解決できません。

 

人によっては何年もの間
辛い感情が腹の底で温められていることさえあります。

 

最近は人生を通して心の勉強を重ねている優秀なカウンセラーも増えてきました。

 

深刻な病気になる前に
カウンセラーに助けを求めることも必要ですね。

 

選ぶならホメオパシー

ホメオパシー治療なら
体の調子と心の調子両方を一緒に整えることができます。

 

ホメオパシーの治療家は
病気について詳しく学ぶことと同時に
心理学について深く学んでいる方が多いです。

 

体調不良をきっかけに
ホメオパシーカウンセリングを受けることで、
長年心の奥底にあった未解決な感情を解放することができます。

 

 

まとめ

 

さいたまホメオパシー

ンジダ菌はほとんどの人の体に存在する常在菌です。

 

そんなカンジダが暴走するのには、
身体の方で何か滞っていることがありますよと言うお知らせです。

 

今回のケースでは無意識に抱えていた恨みの感情でした。

 

このように根本の原因を解決することで、
カンジダの再発を防ぐことができます。

 

もしくりかえすカンジダ症でお悩みでしたら、
お近くのホメオパシー療法家をお尋ねください。

 

お問合せはこちらから

おまけ

生殖器の問題は第二チャクラと関係している事もあります。
チャクラについて詳しくお知りになりたい方はコチラをお読みください。
↓ ↓ ↓
自然療法ホメオパシーに欠かせない各チャクラの特徴

 

フォローお待ちしています

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと
さいたま市のホメオパシー療法家。 植物、動物、ミネラルの力を借りて自己治癒力を呼び覚ます。 ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。 体心魂の歪みから生じるあなたの体調不良の原因を一緒に探り解決します。 3児の母 今世は愛を学ぶためにこの世に生まれました。 お問合せはFacebookのメッセンジャーからもどうぞ!
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと

最新記事 by 薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと (全て見る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください