トイレに行きたいときにすぐにトイレに行けていますか?行かない人は要注意 自然療法ホメオパシー健康法 からだ編

さいたまホメオパシー

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

私たちは日々「感じる」ということを
どのくらい意識しているだろうか?

 

 

体の声を聞かない習慣が
すっかり身についてしまった現代人

 

 

大きな病気になってはじめて
「どうしよう」
「困ったな」
「神さま助けてください」ってなっていませんか?

 

 

すっかり分断された私と身体

身体は日々私達に語りかけてくれています。

 

それは小さなメッセージである事が多いです。

 

頭が痛いな..とか
胃腸の調子が悪いな..とか
寝つきが悪いな..とか
水虫になりやすい、あるいはカンジダに感染しやすいな..とか

 

現代のような忙しい毎日
休むことを良いと思えない社会では
決まったことを決められたように
決まった時間どおりにやらなければならない世界では感じることが難しくなってきました。

 

 

例えばトイレ一つ取っても
おしっこに行きたいときにすぐにトイレに行く人がどれくらいいるでしょうか?

 

 

下痢なんかも
「ストッパ」なんていう便利な薬を使って止めてしまう。

 

 

今がうんちをする良いタイミングではないからなんでしょう。

 

 

でもうんちをする良いタイミングっていったいなんだろう?
体からしたら排泄をしたほうが良いものは準備が出来次第外に出しておきたいはずです。

 

 

ホメオパシーと言う自然療法では
この体からの微細なメッセージを大切にしています。

 

 

体が正常に動くために出す小さなエラーを
ちょこちょこ修正していれば
体は正常に働いてくれるからです。

 

 

私たちの「体=肉体」に対し
もう少し意識を向けることが大切だと

 

 

二人に一人が癌になる現代のメッセージだと思うのです。

 

肉体があるからこそ楽しめることの数々

私たちは肉体を持たないと体験できないものが色々とあります。

 

ちょっと意識が高めの人であっても、
「身体」とは、車や犬のように「自分」が所有するもの程度の感覚ないかもしれません。

 

 

肉体がいかに大切かを理解してもらえるように
分かりやすい例を挙げてみましょう。

 

 

例えば思い出して欲しいのが、
すばらしい性的体験から得た恍惚感です。

 

 

このような体験は肉体がなければ得られません。

 

 

もし私たちがエネルギー体であれば
あのような幸福な感覚は味わうことができないでしょう。

 

 

その他にも肉体を持つことで体験できることは意外とたくさんあります。

 

 

肉体を大切にする
感覚を研ぎ澄ませておくことで

 

 

その人の人生を何十倍も豊かにする事ができるのです。

 

 

逆に普段意識できない肉体の大切さを痛感するのは
体調を崩したときや
深刻な病例えば癌などに体が蝕まれた時などに、
「生きる」ということに最大の意識が集まった時です。

 

 

こうなってから痛感するよりも
普段から「私の感覚」というものを大切にして欲しいと
私は常に願っています。

 

それができていれば
重病になる前に体の異変に気付けるので
自然療法ホメオパシーケアだって格段に楽になります。

私とは何か?が分かると症状が楽になる

実は花粉症の人には
良い人が多いのです。    

病気には罹り易い傾向というのが合って
家系的な遺伝の問題や
性格も大きく関係しているのです。
これをホメオパシーでは
マヤズムと呼んだりします。

 
 
花粉症の人の性格については
こちらの記事で書きました。
ゆめみる宝石花粉症の人はこんな性格じゃありませんか?  

 
 

私と言う存在が欲張りでお金が大好きなんだ…とか

旅が好きでいつも新しい事に挑戦して行きたいんだ…とか

 
 
 
平穏無事に毎日が終えられることで安心するんだ…とか
 
 
 
色々な性格があると思いますが
そんな個性を大切にし
その人がその人らしく生きられるように
 
 
また過剰に込み上げる欲求を
穏やかに沈め生きやすくなるように
 
 
 
自然療法ホメオパシーで
お手伝いができる事を
とても嬉しく思っています。  

 
 
 
 

 

フォローお待ちしています

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと
さいたま市のホメオパシー療法家。 植物、動物、ミネラルの力を借りて自己治癒力を呼び覚ます。 ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。 体心魂の歪みから生じるあなたの体調不良の原因を一緒に探り解決します。 3児の母 今世は愛を学ぶためにこの世に生まれました。 お問合せはFacebookのメッセンジャーからもどうぞ!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください