手をつなごう 深い森のなかで

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

内側の私はたくさんの人たちで構成されている。

 

 

創造性に優れたクリエイター

母性溢れる女

物事の道理を立てて動く女

妥協で緩くすべてを受け容れたい女

男っぽい感じの実業家

甘えん坊でかまって欲しい少女

とにかく泣き虫な子ども

怖がりで恐れが強い子ども

 

 

後者の感情が優位になると
感情が揺れる。

 

 

感情が揺れると
行動が止められてしまう。

 

 

だからこのめんどくさい感情たちを
無視したくなってしまうことがある。

 

 

無視すれば
いつの間にか物事がそれなりにうまく。

 

 

ここに三位一体でいう所の歪みがあるようだ。

 

 

不思議な事に
どんなにこの感情たちを無視しても、
何かあるたびに心をかき乱される。

 

 

歪みであるからこそ
強調されるようにあぶりだされる。

 

 

こんな繰り返しを40年近くやっていると
そろそろ辞めたいなって気持ちになる。

 

 

私の人生は
ずっとここで乱れてきて
回復に時間をかけてきた。

 

 

このような回復に時間のかかるテーマを
魂の目的と言うのだろう。

 

 

私はいわゆる虐待をする親の元に育ち
怖がること、泣く事、甘えることを許されなかった。

 

 

親に許されなかったということは
親に愛されるためには、
このパートにおいて自分を許すことができない。

 

 

親が望むことをする子どもしか
愛されない

 

 

子どもは
無条件の愛を望むけれど

 

 

無条件の愛は
普通の人間にはとても難しい事なのだ。

 

どの親も
これができたらよい子とか
何かしらの条件をつけてしまうものだ。

 

 

魂の目的を果たすために
今大人になった私は
怖がること、泣く事、甘えることを自分に徹底して許さなければならない。

 

ここはパートナーシップの領域とも関係している。

 

そうしないと何度も何度も
怖がること、泣く事、甘えることができているかと
神さまからお試し事が続いてしまうのだ。

 

 

文章で書くと
怖がること、泣く事、甘えることというのは
ただやればよい事なので簡単そうに見える。

 

 

でもこれを今世の目的として生まれてきている人には
とても難しいのだ。

 

 

私は勇気をもって
怖がること、泣く事、甘えることを体験しなければならない。

 

 

色んなことが簡単にできてしまうのに
怖がること、泣く事、甘えることが難しい自分が好きだ。

 

とても愛おしいと思う。

 

今こうして私の内側にある
怖がりさん
泣きむしさん
甘えんぼうさんと手を取り合う時がきた。

 

 

そしてもし同じ感情を持っている人がいるなら
そんなあなたの存在が私は愛おしい。
一緒に手を取り合い仲良くしてあげよう。

 

 

私はあなた
あなたは私

Follow me!

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと
さいたま市のホメオパシー療法家。 植物、動物、ミネラルの力を借りて自己治癒力を呼び覚ます。 ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。 体心魂の歪みから生じるあなたの体調不良の原因を一緒に探り解決します。 3児の母 今世は愛を学ぶためにこの世に生まれました。 お問合せはFacebookのメッセンジャーからもどうぞ!
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと

最新記事 by 薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと (全て見る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください