視点が変わると大切な事も変わる

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

誰かの死そのものでさえ
時に誰かのカルマの解消をする事もある。

 

ホメオパシー療法家は
病気の人と向き合い、
人生を良い方向へ導くためのお手伝いをしていると考えている。

 

時に死を持ってして起こる
尊い出来事に遭遇することがある。

 

親愛なる者の死の悲しみを乗り越えて
自分を生きることを試されている人たちもいる。

 

私たちの生は
全て繋がっている。

 

死は悲しいだけではない。

 

病気も同じく
なぜそんな病気になったのか、
自分の生き方を見直すターニングポイントに過ぎない。

 

最近は二人に一人が癌を患う時代。

 

癌を発症してひどく落ち込み、
ただでさえぼろぼろの身体が病気というショックによって尚
自己治癒力を失い
病気の進行をより早めてしまうことがある。

 

癌にかかっても
癌と共存して生きられる人と、
悪化してあっという間に命を落としてしまう人の差は
こんなところにあるのだと思う。

 

病気が今伝えたいこと
それを理解できると体は何らかの回復の兆しを見せてくれる。

 

それは自己治癒力が
魂の目的を果たすために立ち上った合図でもある。

 

 

あなたのために生きよう

Follow me!

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと
さいたま市のホメオパシー療法家。 植物、動物、ミネラルの力を借りて自己治癒力を呼び覚ます。 ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。 体心魂の歪みから生じるあなたの体調不良の原因を一緒に探り解決します。 3児の母 今世は愛を学ぶためにこの世に生まれました。 お問合せはFacebookのメッセンジャーからもどうぞ!
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと

最新記事 by 薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと (全て見る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください