花粉症だと思っていたら実は違った 驚きの事実!

さいたま花粉症

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

光山ひさと
光山ひさと
実は花粉症ではなかったと言うことが、
ホメオパシーのレメディーを取ることで分かったりします。
ホメオパシーは驚きの連続です!

花粉以外の有害物質

花粉症だと思っていたら実は違った!

 

春のこの時期、
寒暖の差によって強い風が起こりやすい季節です。

 

その強い風に乗って
中国から汚染物質を多く含んだ黄砂が日本へ飛んできます。
PM2.5も飛んできます。

 

そういったものが花粉にくっつき
鼻や目の粘膜でアレルギー症状おこしている。

 

 

花粉症だと思っていたら、
実は黄砂やPM2.5によるアレルギー反応だった。

 

そのような方
けっこういらっしゃいます。

 

そんな方に
とてもお勧めのレメディーがあるんです。

 

 

同種が同種を取り去る

さいたま花粉症

常にベーシックな
ホメオパシー療法の考え方です。

 

「毒を持って毒を制す」

 

ホメオパシーには、
黄砂やPM2.5から作られたレメディーがあります。

 

 

K-Kousa
K-PM2.5

花粉症の方は一度試してみる価値のあるレメディーです。

 

このようなレメディーで
症状にアプローチする方法を

 

「アイソパシー(isopathy)」とか
「トートパシー(Tautopathy)」と言います。
病気を起こす原因物質そのものを用いた治療法です。

 

マスクをして防ぐというのも大切ですが
体を汚している化学物質を体の外に排出することが出来るのは
ホメオパシーの最大の魅力でもあります。

 

 

放射能の問題も忘れてはいけません

さいたま花粉症

 

私たちの暮らしを守る電力を生み出すために
原子力発電所があちこちに存在する日本では
放射能の問題も無視することはできません。

 

一時期よりはあまり意識されなくなりましたが、
風に乗って放射能は飛んでいます。

 

そんな放射能の害を排出する事ができるのも
ホメオパシーならではです。

 

放射線の問題には
RX‐RA
RX‐Ray

というレメディーがあります。

 

気になる方は放射線のレメディーを
取ってみるといいでしょう。

 

放射線のレメディーを取ることで
甲状腺機能が回復し
花粉症の症状が楽になる方もいらっしゃいます。

 

月に1粒放射線のレメディーを

最近は話題にされなくなりましたが、
日本に住んでいる以上放射線の問題を忘れることはできません。

 

月に一度、
放射線のレメディーを取ることは、
被爆からのプロテクションにもなります。

 

日々少しずつの放射線を浴びることは
激しい反応はありませんが、
放射線を浴びることに体が慣れてしまう怖さがあります。

 

慣れてしまうことで、体の反応は無くなり、
放射線の害を排出できなくなってしまうのです。

 

また海外へ飛行機で行かれる機会の多い方も
ボディーチェックの際に沢山の放射線を浴びます。

 

そのような方も適宜、
放射線のレメディーを取ることをお勧めします。

 

ホメオパシー健康相談

ホメオパシーの健康相談をしています。

 

花粉症の症状が酷い方
どのレメディーを試してもなかなかヒットしない方へ

 

あなたの体質に合わせて
オートクチュールにレメディーを選びます。

 

花粉症があなたに伝えるメッセージを一緒に読み解き
パワフルにイキイキと生きられるようお手伝いいたします。

 

ホメオパシーで花粉症の体質改善をしてみたい方は

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと
さいたま市のホメオパシー療法家。 植物、動物、ミネラルの力を借りて自己治癒力を呼び覚ます。 ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。 体心魂の歪みから生じるあなたの体調不良の原因を一緒に探り解決します。 3児の母 今世は愛を学ぶためにこの世に生まれました。 お問合せはFacebookのメッセンジャーからもどうぞ!
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと

最新記事 by 薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと (全て見る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください