ポジティブとネガティブのバランス

さいたまホメオパシー

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

さいたまホメオパシーネガティブもポジティブも
自分の中にあってよい。

 

ポジティブは明るくて楽しいイメージ
なるべくならポジティブにいたいと願う。

 

でも私たちの中にはネガティブな感情だって存在する。
ネガティブは暗いし、
辛いような悲しいようなイメージ。

 

しかしそんなネガティブな感情を持ってはいけないと
否定すると苦しくなる。

 

ネガティブのエネルギー

ネガティブはエネルギーになる。

 

うまく行かない事や
色んな感情が沸いて苦しくなると
より良くなりたい自分の中のエネルギーが高まる。

 

そうやって私たちはより良くなるために進化を遂げてきた。

 

だからネガティブは決して悪い感情ではない。

 

最悪なケースを想定する

これはわたしが良くやるネガティブ作戦で、
物事の未来の最悪なケースも一度考えたりする。

 

そうすると実際物事が
うまく行っているように感じて幸福感も高まる。

 

多少物事がうまく行ってなかったとしても
考えていた災厄のケースよりはマシなので、
なんとなくうまく行っている様に感じるからです。

 

この方法は、
ネガティブに考えすぎてしまう人にはお勧めできません。

ご自分のタイプに合わせてお試しくださいね。

 

 

人に対してのネガティブやポジティブの許し

人に対しての自由。
どの人も何を考えどう思うかは自由。

 

相手の自由を許せるようになると
自分の思考も感情も自由になる。

 

価値観は頭の中の設定のようなもので
ある価値観が人にだけ適用するとか、
自分にだけ適用するとかの臨機応変さはない。

 

逆に考えれば
自分に存分な自由を与えられるようになると
人にも存分に自由を与えられる。

 

それは自分への優しさであり
他人への優しさとなる。

 

ネガティブになることを許す

時に私たちは、
気分が落ち込み予期不安のような
モヤモヤした気持ちになる事がある。

 

そんな時ネガティブな思考を嫌わないでほしい。

 

自分が感じている不安や、苦しさ、悲しみを
そっとそのまま受け取ってみて欲しいい。

 

そこには
そのような不安になる理由が必ずある。

 

あなたが生きてきた道のりで体験した
大切な記憶たち。

 

そこに感謝をして
今の現実と当時は違うことを優しさを持って再認識すれば、
自分の心が自然と安らいで来ることを感じる事ができると思う。

Follow me!

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと
さいたま市のホメオパシー療法家。 植物、動物、ミネラルの力を借りて自己治癒力を呼び覚ます。 ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。 体心魂の歪みから生じるあなたの体調不良の原因を一緒に探り解決します。 3児の母 今世は愛を学ぶためにこの世に生まれました。 お問合せはFacebookのメッセンジャーからもどうぞ!
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと

最新記事 by 薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと (全て見る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください