母が摂取したものが胎児の体になる

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

男女が愛し合い、卵子と精子が結ばれると、

1つの受精卵が誕生します。

 

その受精卵は驚異的な速度で細胞分裂を繰り返します。

 

わずか約266日の間に約2000倍もの胎児の大きさまで育ちます。

 

そして出産を迎えます。

 

 

 

 

 

胎児の肉体は、

母親が日々食事をし吸収したものでつくられます。

 

特にこの妊娠時期に化学物質で作られた薬や人工食品添加物などの摂取することは危険です。

 

胎児の肉体形成に強く影響することが知られています。

 

 

それだけでなく、すでに母親の体内に蓄積している化学物質が

胎児に影響を与えることもあります。

 

すでに母親の体内に蓄積している化学物質はホメオパシーのレメディーを上手に使い排出しておくことができます。

 

安心安全な妊娠出産のために、

これ以上体内に老廃物を溜めないために、

妊娠前から生活を自然なものに変えていきましょう。

 

 

例えば野菜を無農薬のものに変えたり。

おやつは手作りしてみたり。

飲み物をお水やハーブティーに変えてみたり。

ちょっとした体調不良でむやみに薬をとる事をホメオパシーのレメディーやマザーチンクチャーに変えてみたり。

 

いろいろ工夫してきれいな体で妊娠出産に臨みましょう。

 

 

老廃物を排出するのには臓器を浄化しおくことをお勧めします。

 

臓器を浄化しておくと、胎児が成長する際の体の負担も楽になります。

 

妊娠中は胎児の分の血液もきれいにしなければならないので、母体の負担は大きいのです。

 

少しでも負荷を減らして快適な妊婦生活を送りたいですよね。

 

また妊娠中は栄養がきちんと取れているか心配ですね。

ついつい食べ過ぎて体重増加。

これも妊娠中には困った問題となります。

 

そんな時は栄養吸収力を高めるレメディーやマザーチンクチャーを取りながら身体を整えていくと良いでしょう。

 

 

最近自然な出産を望んでも、

なかなか体がそうする事ができない。

 

ホメオパスの仲間には助産師さんも多いのですが、

出産寸前で病院へ搬送される妊婦さんは少なくないそうです。

 

そうならないためにも自然な生活を心がけ、

適度な運動、質の良い食事。

日ごろから老廃物を溜めない工夫を心がけたいですね。

 

 

http://homoeopathy-saitama.com

 

ホメオパシー的妊娠・出産についてもっとお知りになりたい方は

 

無料メールマガジンへ

お届けするすべての方に「あいたい」

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと
さいたま市のホメオパシー療法家。 植物、動物、ミネラルの力を借りて自己治癒力を呼び覚ます。 ドイツ生まれの自然療法ホメオパシー。 体心魂の歪みから生じるあなたの体調不良の原因を一緒に探り解決します。 3児の母 今世は愛を学ぶためにこの世に生まれました。 お問合せはFacebookのメッセンジャーからもどうぞ!
薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと

最新記事 by 薬を減らし健やかな毎日を ホメオパシー療法家 光山ひさと (全て見る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください