静脈瘤が治らない。え?それが原因?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは。

さいたま市ホメオパスの光山久都です。

 

 

 

 

この花を見たことありますか?

万作の花です。

 

1月に近所の公園で撮影しました。

 

黄色くて、

細い花びらがフリフリしていて。

 

ちょっと独特な花ですよね。

 

ハマメリスとかウィッチヘーゼルと呼ばれています。

 

この花で作った薬草酒が静脈瘤によく効きます。

 

 

ハマメリスをお酒に漬けると真っ赤になります。

 

血液を表している。(象形薬理的に)

 

だから血管の問題に良いんですね。

 

ハマメリスの薬草酒は
豊受モール さんで簡単に購入できます。

ハーブ酒と言ったり
マザーチンクチャーと言ったりもします。

 

なぜ静脈瘤ができるのか?

 

なぜ静脈瘤ができるのか知っていますか?

 

実は私も以前静脈瘤がありました。

4年前の妊娠中、
足の静脈瘤に悩んでいたんです。

 

マッサージしても
お灸しても何しても良くならなかったんです。

 

でも血液と自我との関係を勉強してとても納得しました。

 

血液ってとても大切な物ですよね。

 

血液って私たち自身と言っても良いですよね。

 

血液が流れないと私たちは生きられません。

 

 

心臓がポンプで体の隅々に送ります。

 

 

体中の臓器は血液を作ったり
きれいにするために働いています。

 

静脈瘤はその流れがおかしくなっていると言う事です。
滞って瘤ができている状態。

 

 

私が滞っている=自我が滞っている=感情が滞ている
こんな風に考えると分かりやすいと思います。

 

感情が滞っていると言うのは
未解決な問題があると言う事。

 

例えば過去に感情的に
許せない出来事があったり。

 

不公平な育てられ方をして、
その事を今でも忘れる事ができず親を恨んでいたり。

 

「あの時あんなだったらいまごろは...」
こんな風に過去に生きる傾向があったり。

 

 

そんな未解決な感情がまだあって、
静脈瘤に悩んでいる。

 

ということでしたら、

ハマメリスの薬草酒を取りながら
自分を滞らせている感情を感じてみることをお勧めします。

 

 

わたしはこれで静脈瘤がなくなりました!

 

でも
辛い過去を1人で思い出すのは怖い。

 

 

どうやって感情と向き合ったらよいか分からない。

 

 

辛い経験をされた方ほど、
見ないふりして頑張って生きてますから苦しいですよね。

 

私も苦しい事いっぱいあったから分かるんです。

 

 

そんな時は無料オリエンテーションで少しお話してみませんか?
少し安心できると思いますよ。

 

※メルマガ会員さまは初回無料です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
薬を減らし健やかな毎日を「ホメオパシー」ホメオパス光山久都
皮膚湿疹、月経痛、朝スッキリと目覚められない、、ect. 体調不良やモヤモヤの原因をホメオパシーと共に一緒に探り解決します。 あなたがあなたらしく生きられるように。 唯一無二の豊かな人生をスタートできるように。 私が生きた軌跡からオリジナルメソッドで伝えています。 私の夢は世界中に笑顔の女性が増える事。
薬を減らし健やかな毎日を「ホメオパシー」ホメオパス光山久都

最新記事 by 薬を減らし健やかな毎日を「ホメオパシー」ホメオパス光山久都 (全て見る)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください